琵琶湖バス釣り、野洲川河口エリアのおかっぱりポイント、釣り方

野洲川河口エリア。

なにげに駐車場に困るのが、この野洲川河口エリアです。

まあ、駐車場は頑張って探してくださいw

そんな野洲川河口エリアは比較的濁りやすいエリアと、クリアなエリアがあります。

それが、南岸と北岸です。

南岸エリアは比較的濁りやすいエリアになっています。

そして、北岸がクリアなエリアになっています。

まあ、これはあくまでの参考にしてください。

個人的には濁りやすい南岸の方が結果的に釣りやすいというイメージがありますね。

そんな野洲川河口エリアのおかっぱりポイント、釣り方を紹介していきます。

スポンサーリンク

野洲川河口エリアのおかっぱりポイント

南岸エリア

南岸エリアの一番のスポットはテトラ帯ではないでしょうか??

というか、テトラ帯でみんな釣りしてます。

テトラ帯の周辺にバスはいるのはもちろんですが、テトラ帯の沖にウィードが形成されています。

このウィードエリアを、ライトテキサス、高比重ワームで釣っていくのが個人的な釣り方になっていますね♪

北岸エリア

このエリアはクリアな水質になっているので、あまり当サイトの管理人はいい思いをしていません。

ですが、夏になるとウィードの塊が形成されるので、そこの攻略しだいでは釣果が他のアングラーと差が出るはずです。

野洲川河口エリアの釣り方

個人的にはよく南岸エリアで釣りをするので、そちらを書きますねw

だってさ、北岸であまり釣りしないっすもんw

南岸は最初に書きましたが、テトラ帯がメインポイントです。

基本的な釣り方は、テトラ帯周辺をスピナーベイトなどの巻物でサーチしたり、沖にあるウィードをライトテキサス、TKツイスターなどの高比重ワームで釣っていくのがポイントになってきます。

まとめ

野洲川河口は北湖ですけど、案外魚影は濃いです。

半日粘ってみるとわかりますが、結構釣れます。

北湖なので、バスのコンディションは良好ですし、

頑張った感が半端ないので、1度釣りをしてみることをお勧めします。

まあ、問題は駐車場の確保ですが、そこは、、、

頑張ってくださいw

それでは、また!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする