琵琶湖バス釣り、八屋戸エリアのおかっぱりポイント、釣り方

八屋戸エリアの一番おいしいところは、ディープエリアが近いところです。

このディープエリアを攻略することによって、琵琶湖のデカバスに近づくことができます。

そんな八屋戸エリアのおかっぱりポイント、釣り方を紹介していきます。

スポンサーリンク

八屋戸エリアのおかっぱりポイント

八屋戸川周辺

八屋戸川周辺は、絶対に釣っておきたいポイントです。

八屋戸川周辺は地形がフラットになっていて、良い質のウィードが形成されています。

また、水深も深いので、真冬でもウィードにバスが居ついている可能性が高いです。

でも、可能性が高いといっても真冬なので、それほど高くありませんが。

とにかく!!

まずは八屋戸川周辺を攻めてくれ!

取水塔

取水塔は西岸ではよく見るポイントです。

それは、八屋戸エリアでも同じことです。

そして、取水塔があるなら当然釣りをしてみるべきです。

取水塔は良質なウィードが形成されていることがありますし、取水塔自体にバスが居ついていることがあるので、この取水塔も必ず釣っておきましょう。

八屋戸エリアの釣り方

八屋戸エリアの釣り方は、まずは八屋戸川周辺のポイントで釣りをするのが、オススメです。

秋から春にかけてデカバスがストックしていることが多いので、冬以外ならライトテキサスをウィードに絡めるだけで案外釣れたりします。

八屋戸川周辺に先行者がいたら、次は取水塔です。

取水塔は届くか届かない微妙な距離ですが、その周辺にルアーを届けるだけでオッケーです。

八屋戸エリアは水質がクリアなので、取水塔にいるバスも遠くにルアーがあってもやる気があれば食ってきますから。

ヘビキャロ、高比重ワームが一番堅い選択かと。

まとめ

八屋戸エリアは取水塔を狙いやすいエリアです。

攻め方は、和邇浜、蓬莱エリアと基本的には変わりませんが、ここはいいなと思ったポイントはジャンジャンルアーを投げて、経験値を積んでいきましょう。

バス釣りはドラクエです!

どんどん釣りに行くことで必ずデカバスの道は開けてみきます。