琵琶湖バス釣り、赤野井エリアのおかっぱりポイント、釣り方

南湖といったら赤野井!!

そんな人も結構いますよね。

赤野井のポイントを押さえれば琵琶湖全体の釣りをカバーできる。

そんなことをだれか言ってましたw

あっでもこれはボートアングラーのことですからねw

真珠棚に赤野井湾などなど、攻めるべきポイントが目に見えやすい赤野井エリアのおかっぱりポイント、釣り方を紹介していきます。

スポンサーリンク

赤野井エリアのおかっぱりポイント

ヨシ林

おかっぱりでメインといったら、このヨシ林エリアではないでしょうか??

とにかく春に強い東岸。

そんな赤野井エリアのヨシ林は顕著に春に強い傾向があります。

赤野井漁港周辺の水路

赤野井漁港周辺の水路は春に強いです。

というか赤野井エリアって春に強いですからw

それを覚えておくよーに。おっけーぃ???!

赤野井エリアには水路があるのですが、基本的に水質はクリアです。

ですが、大雨が降ったりした次の日は濁っていたりします。

そのときが狙うべきタイミングです

しっかりとタイミングを見極めて釣っていくアングラーの目が試されているポイントです。

タイミングミスると本当に釣れませんから。

気を付けて!!!

赤野井エリアの釣り方

ヨシ林

ヨシ林のポイントは春に強いのですが、2月ぐらいにパンチングでデカバスを狙い撃ちするのが一番のおすすめです。

誰もやっていない時期からおかっぱりでシャロー打ち。

いやー、マジでしびれますねw

水路

基本的に濁っているときに攻めてほしいポイントなので、存在感のあるルアーで釣っておきたいところ。

巻物ならクランクベイト。

打ちものならテキサスリグよりもラバージグでアピール力の高いものをチョイスしておくのがポイントです。

まとめ

春と言ったらぜひとも赤野井エリアをせめてほしいです。

これが当サイトの唯一言えるメッセージです。

コツコツと経験値を積んで、頼られるアングラーになりたいもんです♪

それではまた!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする