琵琶湖バス釣り、烏丸半島エリアのおかっぱりポイント、釣り方

烏丸半島エリアは南湖のなかで一番大きな、、

岬です!!!

これってヤバくないですか??

一番水を受けるって感じです。

つまり、流れがあるところにベイトが集まるので、それに追従してバスも上がってくる。

つーことは、

釣れるってことです!!

ただーし、それはしっかりと烏丸半島エリアのポイントを押さえたアングラーだけです。

コツコツと通いこんで釣果を出していきましょう。

スポンサーリンク

烏丸半島エリアのポイント

岬の先端のハス畑周辺

烏丸半島エリアの最大の特徴である、大きな岬。

この岬で釣りをするために烏丸半島エリアで釣りをしにきたようなもんです。

烏丸半島の岬の先端の周辺にはハス畑があるのですが、そこらへんにポイントを陣取って釣りをしてみましょう。

観光船発着岸付近

観光船発着岸付近はめっちゃデカい船が行き来するので、座礁しないようにするためにほかのポイントよりも水深が深くなっています。

なので、その船の通り道であるミオ筋を狙うのポイントになります。

まあ、あくまで一番のポイントは烏丸半島エリアだということを忘れずに!!

烏丸半島エリアの釣り方

岬の先端のハス畑周辺

これは、ハスについているバスを釣ってもいいですし、その周辺をウロウロしているバスを釣ってもいいです。

春だったらハス畑周辺をウロウロしているでしょうし、夏だったらハス畑の中に潜んでいます。

ハス畑周辺を狙う場合はスピナーベイト、スイムジグ。

ハス畑を狙うときはテキサスリグ、フロッグあたりがおもしろいかと。

ミオ筋

観光船着岸付近はミオ筋が形成されているので、まずはそのポイントを探す必要があります。

なので、バイブレーションなどの飛距離のでるルアーで探ったあとに、じっくりとテキサスリグ、高比重ワーム、ヘビキャロで釣っていくのがおもしろいですね。

まとめ

烏丸半島エリアは南湖一の大きな岬があるポイントです。

ぜひとも、岬の先端で釣ってもらいたいものですね♪

それではまた!!