琵琶湖バス釣り、下物エリアのおかっぱりポイント、釣り方

下物エリアは志那エリアと似ているのが特徴です。

ひたすら石積み護岸が続きますw

石積み護岸の攻略がキーなのですが、志那エリアの攻略方法と似ています。

・琵琶湖バス釣り、志那エリアのおかっぱりポイント、釣り方

ですが、下物エリアは志那エリアと違う点があります。

それが、デカい水門と下物内湖の存在です。

それらを含めて下物エリアの紹介をしていきます。

スポンサーリンク

下物エリアのポイント

・下物内湖

下物内湖は下物エリアのメインとなるときがあります。

それが春のシーズンです。

春に産卵をしにあがってくるバスたちがウロウロと下物内湖に入ってきます。

これを狙わない手はありません。

・大きな水門

大きな水門。。

バカっぽい表現ですみませんw

ですが、大きな水門としか表現のしようがないポイント。

南湖本湖と下物内湖をつなぐ水門のポイントです。

なにかと変化のあるところなので、必ず攻めておきたいポイントになっています。

・浚渫

下物エリアといったら浚渫です。

ちなみに浚渫を簡単に言うと、ほかのところよりも水深がある穴だと思ってもらえればいいかと。

主にボートアングラーが狙うポイントなのですが、オカッパリからでもリグによっては狙うことが可能です。

下物エリアの釣り方

下物内湖

下物内湖は春以外のシーズンは厳しいです。

なぜなら水上バイク??みたいなグループで引き波立ちまくりだからです。

それで釣り人もイラだちまくりということです。

どうせ春がベストシーズンなのですから、春のシャローにバスがいるときに釣りをしましょう!!

釣り方はシンプルにスピナーベイトか、バイブレーションに広範囲に探ってタイミングがあえばポロッと釣れます。

しかもデカバスが。

大きな水門

ここはオールシーズン狙ってほしいポイントです。

ボートの行き来があるということで、ほかのところよりも水深がありますし、ボトムもハードボトムなので、絶対に攻めておきたいポイントです。

ですが、人が常に攻めるポイントなので、粘らないのがポイントになります。

浚渫

下物エリアの浚渫はボートアングラーが主に狙うポイントなのですが、オカッパリアングラーでも狙うことができます。

それが、

ヘビキャロです。

とにかく飛ばしてしっかり基本的な動作をするだけで釣れちゃいます。

まあ、ヘビキャロの基本を理解していること前提ですが。。

・琵琶湖のヘビキャロで必ず習得したいアクション

まとめ

下物エリアって志那エリアと見た目は似ているけど、実際は浚渫があったり、大きな水門があったりと、なにかとアングラーを楽しませてくれるポイントが盛りだくさんです。

浚渫があるところを探すのは時間がかかりますが、だからこそ他のアングラーと差がつきやすいもの。

何度か通いこんで自分だけのエリアを見つけられれば、

あなた最強!!!