琵琶湖バス釣り、草津川河口エリアのおかっぱりポイント、釣り方。

草津川河口エリアは正直言ってボートアングラー専用のポイントに近いかなーと思うエリアです。

なぜなら草津川河口エリアのポイントと駐車場が遠いからです。

ですが、やる気のあるオカッパリアングラーならウェーダーをはいて黙々と草津川河口エリアまでいきます。

その草津川河口エリアは遠浅で変化の乏しいポイントですが、何気に秋は有効ポイントです。

その秋のシーズンに是非とも通って欲しい草津川河口エリアの解説を紹介していきます。

スポンサーリンク

草津川河口エリアの釣り方

草津川河口は変化に乏しいポイントですが、その周辺のウィードが何気に美味しいポイントなので、そこを攻めるのがいいかと。

オカッパリアングラーならぶっとばせる、ヘビキャロが一番オススメかと。

時期としては、バスの産卵が終わる6月ぐらいまでは全然オカッパリで釣れるので、ぜひとも気合いのあるアングラーは挑戦してもらいたいエリアになっています。

まとめ

あまり草津川河口エリアは詳しく書く気がしませんw

なぜなら、僕自身があまり草津川河口エリアに興味がないから。

ですが、やる気のあるアングラーなら絶対に草津川河口エリアで釣ってもらいたいですね。

他のポイントよりも圧倒的に釣り人が少ないです。

ポイントが遠くても静かに釣りがしたい。

そんな思いのある人は絶対に草津川河口エリアに行ってほしですね。

それではまた!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする