琵琶湖バス釣り、北山田エリアのおかっぱりポイント、釣り方の解説

北山田エリアはおかっぱり、フローター、ゴムボートなどがこぞって集結する人気ポイント、というか、

とりあえずみんな立ち寄るエリアです。

駐車場も完備されていて、すごくわかりやすい位置にあるので、とにかくみんな集まります。

さらに北山田漁港もあるので、そこで釣りをしたい人も集まっています。

なので、人見知りの管理人は人が多くて密集している北山田エリアがマジで嫌いですw

ですが、北山田エリアで釣果が出ているのは確かなことです。

漁港付近のテトラ帯、石積み護岸がメインポイントです。

スポンサーリンク

北山田エリアのポイント

漁港付近のテトラ帯

漁港付近のテトラ帯は春に実績があります。

当サイトの管理人の僕も春はぽろっと立ち寄ったりするポイントです。

ですが、みんなが狙うポイントだけにあまり粘る必要性を感じないポイントです。

ボートの行き来があるので、トラブルにならないよう注意が必要です。

また、漁師の人もいるので、絶対に邪魔をしないようにしましょう。オッケーぃ?

・石積み護岸

北山田エリアといば、というか東岸全体の特徴として石積み護岸が何気に狙い目になります。

みんな沖に向かって投げていますが、石積み護岸を平行にクランクとか投げていると意外に釣れちゃったりします。

北山田エリアの釣り方

・漁港付近のテトラ帯

漁港付近のテトラ帯はおかっぱりアングラー、そしてボートアングラーがみんな狙うポイントです。

なので、人とは違うルアー、アプローチを考えて釣っていく必要があります。

個人的にはルドラのジャークでテトラの中にいるバスを寄せて食わす釣りが結構ハマるかと。

・石積み護岸

これは、根がからないルアーで巻きまくって、バスが食うタイミングを狙う必要があります。

なので、スイムジグ、スピナーベイトあたりが手堅いかと。

まとめ

北山田エリアはプレッシャーが高いというより、人が多すぎて集中できないポイントです。

軽くよってみるかーぐらいの気持ちで釣りをするのがいいと思います。

それではマター!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする