琵琶湖バス釣り、矢橋帰帆島南エリアのおかっぱりポイント、釣り方。

琵琶湖でおかっぱりをするときに、イオンモール草津を超えて、大きな橋を渡ると、人工島といわれている矢橋帰帆島があります。

オカッパリアングラーの他にバーベキューを楽しんでいる方、散歩をしている方などなど、とにかく賑わっているのが矢橋帰帆島南エリアの特徴です。

スポンサーリンク

矢橋帰帆島南エリアのポイント

そして、1番人気のあるポイントはやはり、矢橋帰帆島の護岸の角です。

角???

探せばわかります。

そして、常に人がいるエリアです。

その角がいろいろな流れの要素が形成されているところなので、バスがいる確率が高いエリアになっています。

そのポイントに入ってラバージグを粘って投げ続けたりすると、、

こんなビックバスが釣れちゃうんですねー。

すごい矢橋帰帆島エリア!!人工島!!

そんな矢橋帰帆島南エリアの釣り方を紹介していきます。

矢橋帰帆島南エリアの釣り方

矢橋帰帆島エリアは常に人がいるハイプレッシャーエリアです。

プレッシャーが高いエリアでの釣り方のコツは、

粘らない!!

そう、粘らないでバスが食うタイミングを見て、何度か入り直すのがポイントになってきます。

でもバスが食うタイミングなんてわからないじゃん!!!

はい、そんな声が聞こえてきました。

だからこそ、巻物、でかめのルアーで攻略して少しでもバスに見つけてもらいやすくしてもらうことがポイントになってきます。

巻物だったらバイブレーション、クランク、スコーン。

でかめのルアーだったらラバージグが一番実績が個人的にあります。

とにかく粘らない、タイミングを見計らって何度か入り直す。

これが矢橋帰帆島南エリアの釣り方とポイントになってきます。