琵琶湖、におの浜エリアのおかっぱり、釣り方とポイント解説

におの浜エリアといえば、

延々と続く石積み護岸。

石積み護岸を歩きながら釣りをしていると、同じ風景で飽きてしまうことがある、

そんなにおの浜エリア。

冬から春にかけてのシーズンは琵琶湖ホール前には大勢のおかっぱりアングラーがバイブレーションとかをぶん投げています。

釣り人が多いことはいいことですね。

そんな、におの浜エリアのおかっぱりでの釣り方とポイントを紹介していきます。

スポンサーリンク

におの浜エリアのポイント

・プリンスホテル前

プリンスホテル前と堂野川河口までのエリアがおかっぱりをしていると、よくデカバスを釣っているのを見ています。

まあ、常にそこで釣りをしている人がいるので、釣れるのは当然なのですが、個人的にはプリンスホテル前のポイントが実績が高いように感じます。

・総門川河口沖

総門川という小さな川があるのですが、その河口の沖には良質なウィードが通年形成されています。

これは、石積み護岸が永遠と続く、におの浜エリアで攻めておきたいわかりやすいポイントです。

におの浜エリアの釣り方

当サイトの管理人は基本的には冬から春にかけてしか、におの浜エリアに行きません。

なので、冬から春にかけての釣りだけを紹介します。

それ以外のシーズンは知りませんw

冬はとにかく、ルアーよりも釣り人のマインドがめっちゃ大事です。

そのマインドとは、

ひたすら投げ続けるハートです!!!

いわゆるネバギバの精神ですね。

冬は琵琶湖でもさすがにバイトは減ります。

1日やって1バイトあるかないかなので、とにかく諦めないで投げ続けてください。

まあ、投げるルアーはバイブレーションがいいかと。

ですが、飽きないためにもいろいろとルアーをローテーションさせたほうが長時間釣りを集中してできるので、1つのルアーに絞らなくてもいいと思います。

まとめ

冬と言ったらにおの浜。

なので、県外からもじゃんじゃんこのエリアに密集してきます。

地元アングラーのかたは、釣れない冬の時期にデカバスを求めて北湖に行くのが個人的にはめちゃめちゃオススメですね♪

それではまた!!!