琵琶湖バス釣り、浜大津エリアの釣り方、ポイントの特徴。

琵琶湖といえばデカバス。

琵琶湖といえば、りんかちゃん。

りんかちゃんといえば、浜大津!!

はい、そんなことはないですねw

個人的にはりんかちゃんが浜大津でデカバスを釣りまくっていた時代が懐かしいです。

そんな浜大津のポイント、釣り方を紹介していきます。

スポンサーリンク

浜大津のポイント

浜大津は通年釣れるエリアで、どの時間帯もおかっぱりアングラー、ボートアングラーがモリモリといるポイントです。

ポイントは正直あまりないです。

すみません。

だってさ、どの場所で投げても釣れるもん。

あえていうなら、回遊してくるバスを狙うイメージで釣るのがいいんじゃないかなと思いますね。

とにかく土日は人が多いので広範囲に釣りをするとかはしんどいので、一か所で粘って釣りしていくのがポイントになっていきます。

浜大津の釣り方

とにかく人が多くて、入りたいポイントで釣りをすることができないことが多い浜大津エリア。

なので、1ヶ所で粘って釣りを展開していく場合が多いので、自分が投げ続けられるルアーをチョイスしていくのがポイントになっていきます。

個人的には、

・バイブレーション

・ヘビキャロ

この2つがあればオールシーズン対応できるかと。

まとめ

浜大津エリアは人が多くて、とにかくイライラするポイントだったりします。

だからこそ、周りを気にしないで1ヶ所でじっくりとゆったりと釣っていくのが、貴重な1匹を釣るための秘訣だったりします♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする