琵琶湖バス釣り、山ノ下湾のポイントの特徴、釣り方。

雄琴市のエリアにある山ノ下湾エリア。

琵琶湖(南湖)の西岸の中では1番大きい湾になるのが山ノ下湾エリアです。

超有名人気アングラーのダウザー俺たちもロボ奥田こと奥田学さんも琵琶湖デビューは山ノ下湾エリアみたいです。

そんな琵琶湖の登竜門的な山ノ下湾エリアのポイントの特徴と釣り方を紹介していきます。

スポンサーリンク

山ノ下湾のポイントの特徴

オカッパリとボートでポイントが変わるのですが、ここではオカッパリアングラーにオススメのポイントを紹介していきます。

・オパール前

山ノ下湾エリアにはオパールという建物があるのですが、そのオパール前がオカッパリのポイントになります。

オパール前は岬になっているエリアなので、水の流れがあってベイトフィッシュも豊富です。

なので、山ノ下湾エリアで迷ったらまずはオパールを探しましょうw

そして、オパールを見つけたらそのオパール前に陣取ってキャストをすることがポイントになってきます。

山ノ下湾エリアの釣り方

オパール前を陣取ることができましたか?笑

オパール前を陣取ることができたらいよいよ実釣開始です。

基本的には岬のポイントなので、バスが回遊してきます。

なので、テキサスリグ、ヘビキャロ、巻物なんでもオッケーです。

釣り方としては、飽きない程度に粘って飽きたらルアーローテーションすればいいかと。

基本的に回ってくるバスはロープレッシャーなので、タイミングが合えばどのルアーでもバイトしてくると個人的には思っています。

なので、投げているアングラー、つまりあなたが投げ続けられるルアーをチョイスして釣りをしてください。

まとめ

山ノ下湾エリアのポイントとしてオパール前を紹介しましたが、他にもいっぱいいっぱいポイントはあります。

僕の記事を信じすぎてオパール前にアングラーがいるのに割り込んだりしないようにしてくださいねw

まあ、そんなことはないと思いますが、山ノ下湾エリアは琵琶湖でバス釣りを始めて釣りをする人には優しいエリアになっているので、ぜひ挑戦して欲しいエリアですね。

では、また!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする