琵琶湖バス釣り、堅田エリアのポイントと釣り方を解説。

堅田エリアは堅田漁港、堅田港、沖の一文字、浮御堂、漁礁などなど有名ポイントが密集している、

非常に濃いエリアです。

またシャローからディープまで障害物が多いエリアになっています。

スポンサーリンク

堅田エリアのポイント

堅田エリアはとにかく色々なポイントが密集しているのが特徴です。

オカッパリでもできるのですが、駐車場が近くにないのが残念なところです。

なので、地元アングラーで原付で釣りをしている人なんかは案外おいしい経験をしちゃったりしていますw

堅田エリアは基本的にボートで釣るポイントと思ってもらえればいいかと。

そして、堅田エリアは北湖が近いということでデカバスが釣れる確率が非常に高いのが特徴です。

堅田エリアの釣り方

・春の釣り方

春はセオリー通りシャローでの産卵を控えたバスを狙う釣りになります。

それに加えて北湖が近いということで、ロクマルクラスのバスと遭遇することがあるので、

釣り方を意識するよりも、デカバスが来ても確実にキャッチできるタックルで釣りをすることがマジ大事です。

・夏以降

夏以降はシャローではなく、沖の釣りを展開していきます。

沖の4〜5メートルラインにあるアウトサイドにバスがたまっているので、それらをテキサスリグ、ラバージグ、直リグなどの打ち物で釣っていくのが確実な釣り方かと。

まとめ

オカッパリでは駐車場が確保できないので、厳しい堅田エリアですが、レンタルボートなどで釣りをする時は是非とも寄って欲しいエリアです。

ボートだからこそ堅田エリアで新鮮な琵琶湖でのバス釣りをしてみましょう。

ポイントが密集しているので、普段オカッパリしかしない人も必ず何かしら良い経験をすることができるでしょうね。