北湖バス釣り、10月の釣り方のポイント

琵琶湖も10月になると、釣り人もバスも過ごしやすい季節になるとともに、

寂しくなる季節でもありますよね。

毎年10月になると、今年の終わりを感じるとともに、

北湖に行きたくなる!!!!

はい、そんな管理人が10月の北湖でのおかっぱりでも楽しめる釣り方と、ポイントを紹介していきます。

スポンサーリンク

北湖、10月の釣り方

10月になると、シャローにベイトが接岸してきます。

そうなるとどうします??

テンション上がりますよね!!!イェーイ!!

はい、うざい感じになってしまいましたね。

そんな、シャロードリームが待っている北湖ですが、釣り方はシンプルでいいかと。

それは、

ベイトに合わせたルアーをチョイスする。

ベイトが小鮎の小さい感じだったら、

プロップマジックのi字形ルアーを使ってみたり、

琵琶湖で使えるi字形ルアーに関する記事

ベイトが大きかったら、

ビックベイトをチョイスしたりします。

まあー難しく考えなくて大丈夫です。

個人的に秋の北湖は、

なんとかなるで!!!

そんなイメージを持っています。

北湖10月のポイント

では、実際にどのようなポイントにいけばいいのか???

それは具体的にいうと、北湖東岸のロックエリア帯です。

さらに具体的にいうと、

沖島周辺のロックエリア。

別に沖島周辺じゃなくてもいいんだけど、わかりやすいかと思いまして。

秋の北湖は比較的にイージーなので、足場がよくて釣りがしやすいエリアをチョイスしていきましょう。

まとめ

今回はロックエリアをチョイスしましたが、ほかの北湖のポイントでももちろんオッケーです。

とにかく、シンプルに巻いて、ランガンすれば意外とポロっと釣れちゃうのが秋の北湖のポイントですね♪

それでは、また!!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする