琵琶湖でスライドスイマーとジョイクロの使い分けは??

一昔前はビックベイトといえば、

ジョイクロ!!

とか

スライドスイマー!

さらに昔だと、

モンスタージャック!!

みたいな感じでしょうか?

最近ではスライドスイマー、ジョイクロはビックベイトというジャンルというよりもS字というジャンルという立ち位置にある気がしますね。

そんな、スライドスイマーとジョインテッドクローの使い分けってみなさんどうしていますか?

そんなん、気分でしょ!!気分!

みたいな人もいるのではないでしょうか?

なにを隠そう管理人の僕も以前はそう思っていたからです。

S字なんてどれも変わらないでしょうと。

ですが、S字系ルアーを使い込んでいくうちにスライドスイマーとジョイクロを使い分けられることに気づいたので、それらをシェアできたと思います。

それは、スライドスイマーはただ巻き、ジョイクロはジャークメインで使えるという点です。

スポンサーリンク

スライドスイマー

スライドスイマーは昔からなぜかジョイクロよりもただ巻きで釣れる。

そんなイメージがあったんですけど、スライドスイマーって実は早巻きに対応してるんですよね。

ジョイクロだと早巻きした時にボディに絡まったり、水面に飛び出し立ったりとあまり使いこなせない感じだったんですけど、スライドスイマーはオートマチックに対応してくれるのでただ巻きの方が釣れます。

ジョインテッドクロー

ジョインテッドクローはS字の中で玄人むけのルアーって感じで、ウエイト調整とかをすることによってより釣れるルアーになっています。

なので、スライドスイマーはただ巻きなのに対して、ジョイクロは自分の調整次第で大きく釣果に差が出るルアーになっています。