琵琶湖のおかっぱりでサイレントキラーを上手に使うポイント

琵琶湖のおかっぱりでサイレントキラーで釣るときに大切なことはずばり。

ラインをたるませた状態で巻くことです。

これがすごい大切で、これができるかできないかで、釣果に大きく差が出てきます。

たるませて巻くことの重要性

ラインスラックをたるませた状態で巻くことによってサイレントキラーのルアーの性能をうまく引き出すことができます。

よく、ゴリゴリとラインをピンと張ったまま巻くアングラーの方がいますが、もったいないことをしてるなーと個人的にはよく思います。

サイレントキラーをゴリ巻きすることによるデメリット

サイレントキラーをゴリ巻きすると、ウィードをすぐ拾ってきたり、ルアーの動きが損なわれたりとあまりいいことがありません。

琵琶湖のプロガイドの小南さんがビックベイトというか、デカめのルアーをきれいに巻いて解説している動画があるのでこちらを参考にしてみればとてもわかりやすいです↓