琵琶湖でアンタレスDCとメタニウムDCの使い分け

琵琶湖でバス釣りをやっぱり気になるのは飛距離ではないでしょうか?

管理人の僕も琵琶湖でオカッパリをするときはやっぱり飛距離は欲しいもんです。

そこで、今回はアンタレスDCとメタニウムDCの使い分けを紹介していきます。

スポンサーリンク

使うルアーの重さで使い分ける

・アンタレスDC

1/2オンス以上のルアー

・メタニウムDC

中量級ルアー

とまあ、簡単いうとこんな感じで使い分けるとかなりいいと思います。

実は飛距離変わらない

実は意外なんですけど、アンタレスDCもメタニウムDCも飛距離って変わらないんですよ。

ですが、飛距離の出しやすさが違うんです。

アンタレスDCはとにかく軽く振っただけで、めっちゃ飛距離が出ます。

メタニウムDCも軽く振っただけで、めっちゃ飛距離が出ます。

最初に述べたように、使うルアーを間違わなければ、とにかく飛ぶルアーになります。

とまあ、なんともわかりにくい文章になってしまいました。

ごめんなさい、眠いのでおやすみなさい。

ベイトリールって結局、使いこなすうちにコツをつかんで飛距離も出るようになるし、とにかく使いこなすことが大事かなと。