スパイラルミノーの琵琶湖的な使い方。

スパイラルミノーはデプスから発売されている、ウェイクベイトです。

ジョロジョローって感じのサウンドがなんともアングラーのモチベーションを上げてくれるトップウォーターです。

そんな、スパイラルミノー。

琵琶湖てきな使い方を紹介していきます。

スポンサーリンク

基本はただ巻き

スパイラルミノーはとにかくただ巻くだけでオッケーです。

そこから、その日の琵琶湖の状況に合わせて、早巻きするなり、ゆっくりスローに巻くなりしていってください。

スパイラルミノーが一番効いてくるのがアフターではないかと。

スパイラルミノーはゆっくり巻けるし、ペラが高速で回転しているので、それもプレッシャーに強く、琵琶湖のデカバスに効いてきます。

デプスの山田祐伍さんも北湖でデカバスを連発していました。

まぁ、youtubeで見ただけですが。

祐伍さんの釣りをひたすら研究すれば、なにか掴めるかと。

まとめ

スパイラルミノーは一見イロモノ的な目で見る人もいると思います。

ですが、1度使ってみると、意外に釣れることに驚くと思います。

個人的にはバスジェットと使い分けてみると楽しいトップウォーターのゲームを楽しめると思いますね♪

・琵琶湖でのバスジェットの使い方に関する記事