琵琶湖、おかっぱりでスイムジグの釣り方からポイントまで

琵琶湖といえば、バイブレーション?

それとも、クランクベイト?ヘビキャロ?

まあ、人それぞれ琵琶湖といえばこのルアーでしょ!!

みたいなルアーのジャンルがあると思います。

管理人の僕の意見としては、やはり、

スイムジグ(スコーンリグ)でしょ!!!

スイムジグって、琵琶湖発祥リグみたいなもんでしょ!

だったらさ、琵琶湖で釣りしてる人はもっとスイムジグ使おうぜ!

って言いたいところだけど、実際スイムジグについて釣り方に悩んでる人っていますかね?

まあ、琵琶湖に通っている人なら読まなくていいぜ!!!!

読んでほしい人→琵琶湖に遠征に来る人。

はい、ではいきましょうか。

スポンサーリンク

スイムジグの釣り方

スイムジグの釣り方は、簡単なようで実は奥が深いです。

基本はただ巻きで使います。

ですが、管理人的に2つのただ巻きがあります。

本当のただ巻き

とにかく何にも考えないでひたすらゴリゴリと巻いてくる巻き方があります。

これは、スイムジグの基本です。

初めてスイムジグを琵琶湖のおかっぱりで使う人は、これをひたすら1日してみて、

まずバスを1匹釣りましょう♪

ポイントはウィードの上をピロピロと巻いてくる感じです。

ラインスラックを巻きとるただ巻き

これはねー、むずいです。

ラインスラックをとる巻きかたで自発的に動かすんですけど。

文章では難しいので、琵琶湖でガイドしている呉さんがyoutubeでめっちゃわかりやすい解説しているのでこれを見れば僕の文章は読まなくてよろしいです。

頑張って探してくださいw

オススメは1/4オンス(7グラム)のスイムジグです。

トレーラーは何でもオッケーですw

大事なのは呉さんが解説しているような巻き方で巻くことです。

マジでムズイからやってみ。

ちなみに、ケイテックの林さんもこの巻き方を推奨しています。

スイムジグのポイント

とにかく、スイムジグが自発的に動くようにアクションすることを心がける。

ひたすらゴリゴリ巻くのは最初のステップです。

風がないときとか、微風のときはラインのたるみをただ巻き取る巻き方でいきましょう。

では、また!