琵琶湖の秋のパターンはアユがキー

ちす、管理人です。

秋の琵琶湖はとにかく季節の進行が意外に早くて、アングラーである私たちもそれに合わせないと釣れないのが現状です。

でも、たまに自分の釣りを押し通しても釣れちゃうのが琵琶湖。

そんな、琵琶湖の秋のパターンについて紹介していきます。

スポンサーリンク

ベイトを追え

とにかく、秋の琵琶湖のパターンとしては、ベイトがキーになってきます。

そのベイトがザリガニなのか?

それともアユなのか?

ハスなのか?

それぞれ釣りをしていて答えを探し出す必要があります。

ですが、9月の場合はアユが川から流れてきて、それを食べに来るバスがを狙うのが効率のいい釣りかたになってきます。

落ちアユパターン

そうです。

それが、落ちアユパターンと言われているもの、このアユが川から流れてくるタイミングこそが琵琶湖で爆釣を狙ってしやすい時期なんです。

とにかく流入河川を狙う

では、実際にどのようなポイントを狙えばいいのかというと、

ズバリ、流入河川の河口です。

ここは、1番オカッパリからアクセスもしやすいですし、アユがたまってきやすいので、本当に秋の琵琶湖のパターンではオススメのエリアになっています。

なので、流入河川の河口をランガンしていくのが手っ取り早くバスをキャッチするポイントになってきます。

また、ベイトの有無を確認できても食ってこない場合は必ずタイミングを変えて入り直すことが大切になってきます。

巻物が強い

ここまで読んでくれたあなたなら、おそらくお気づきでしょうが、秋は効率よく釣りをすることが大切になってきます。

なので、使用ルアーとしては巻物。

個人的にはウィードのないところならミノー。

濁っているならチャター。

薄濁りなら、バイブレーションあるいはクランクあるいはスピナベを選択して釣りをします。

秋の琵琶湖のパターンは面白いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする