琵琶湖でヤーマンスティックはこれから定番の予感。

どうも、管理人です。

琵琶湖のロングワームと言ったらキンクー13インチだったのですが。

・キンクー13インチに関する記事

最近ヤーマンスティックにはまっています。

ヤーマンスティック。ネーミングに思い出があるからです。

スポンサーリンク

バイト時代のあだ名がヤーマンだった

管理人の僕は大学時代ローソンで深夜のバイトをしていたんです。

そして、同じバイトの子のかなりパーリーピーポー的なやんちゃな子が居たんだけど、その子が僕につけたあだ名がなぜかヤーマン。。

そうだな、お前ヤーマンな!!

※ちなみに当時僕は大学2年、彼は19歳の高校生でした。。

なぜ?

おそらく、彼はレゲエが好きだったからかと思われます。

それにしてもヤーマンって。

そう考えると、ヤマピーガイドをしているヤマピーも相当パーリーピーポー的な人なのだろうか??

でもジークラックの動画で見る限り、いかにも好青年って感じがしてまさにヤーマンですね。

話が飛びすぎてしまったので、本題に戻りましょう。

ヤーマンスティックのマテリアルがいい

キンクー13インチの固さのあるマテリアルもいいんですけど、ヤーマンスティックのちょっとキンクーより柔らかいマテリアルがちょっとねグッときちゃったんですよね。

大きさは12インチということで、キンクーとほぼ同じですが、これからはヤーマンスティックを多用していくのも全然アリですね。

それに僕はヤーマンというネーミングに運命を感じているので。

それではまた!!