琵琶湖の秋(9月)の釣り方

秋の琵琶湖。

夏から秋にかけての微妙な時期で意外に外しやすかったりするのが、この時期の特徴ですね。

そんな9月の琵琶湖の釣り方のポイントは、とにかくランガンして巻くことです。

スポンサーリンク

琵琶湖の秋のポイントは濁り

秋はターンオーバーという現象が起きるのですが、簡単に言うと、水がごちゃまぜになってなんとなく釣りにくいイメージになってしまうんです。

ですが、その濁りをうまく攻略することが秋の琵琶湖を攻略するカギになります。

なぜなら、普段のクリアな琵琶湖だとなかなか巻物に反応しないからです。

なので、秋特有に起きるターンオーバーの時期にこそガンガン巻いて取っていく必要があります。

逆にいうとワームばかりの展開だと、濁りによってバスに発見されにくいので、個人的にはあまりお勧めしません。

では、実際にどのようなポイントを攻めればいいのか説明していきます。

秋の琵琶湖は南湖(東岸)がアツい!

そうです。

琵琶湖の東岸が一番秋ではやりやすいです。

なぜなら、南湖東岸は風の影響をもろに受けやすく、濁りができやすいポイントだからです。

個人的には葉山川河口なんかは、秋はものすごい濁っていてベイトも集まっているので、半日ぐらい巻き切ったら結構美味しい思いをしています。

とにかく巻け

では、東岸でどのようなルアーを投げればいいのかというと、

とにかくブルブルと波動の強いものです!!

簡単いうと、

・チャター系

・クランク系

・波動の強いバイブレーション

これらが1番オススメです。

あとチャターにしか反応しない魚というのが少なからずいるので、できればチャター系はオカッパリをする際にタックルに忍ばせておきましょう。

まとめ

9月の琵琶湖は、夏の釣りをすればいいのか、秋の釣りをすればいいのか迷うところではあります。

ですが、あまり難しく考えずに濁っているエリアをとにかく探して、ブリブリと巻けば答えは意外に返ってきますよ。

それではまた!