琵琶湖のヘビキャロで必ず習得しておきたいアクション。

琵琶湖のヘビキャロゲーム。

ちなみに、琵琶湖のヘビキャロゲームで1番大事なものは、

飛距離とルアーの種類。

個人的にはそう思っています。

あとはバスが捕食するタイミングにルアーを持っていけるか?

それらがバッチリとまではいかなくても、ある程度はまった時に釣れると個人的には思っています。

ですが、実は琵琶湖のヘビキャロゲームではアクションも実は大事です。

それは、上記で述べたようにバスが捕食するタイミングというのは、なかなか時合いをつかむのが難しいからです。

なので、こちらから仕掛ける必要があるんです。

そのために必要になってくるのが、ヘビキャロのアクションです。

では実際にどのようなアクションをすれば良いのか解説していきます。

スポンサーリンク

最大のキモはステイ

はじめに言っときますが、ヘビキャロはステイが1番ミソです。

これができるかできないかで、隣でブイブイとヘビキャロをぶっ放しているアングラーと圧倒的な差をつけることができます。

それは、なぜか?

ヘビキャロの最大の特徴はノーシンカー状態のワームをはるか遠くに飛ばすことができるからです。

そして、ノーシンカーで一番釣れるアクションはワーム本来の性能を引き出す漂わせるというアクションだからです。

理解できなかった方のためにもう1度まとめてみると、ヘビキャロはノーシンカーを遠くに飛ばすことができることができるリグです。

そして、ノーシンカーはとにかく動かさないことが釣れるんです。

特に琵琶湖は湖流が常にあるので、ロッドで操作しなくても勝手にワームがいい感じに漂ってくれるんですよね。

だから基本的にはワームを動かさない!!

これ絶対です!

普段ヘビキャロをやって釣れない人は、おそらく動かしすぎです。

待てなすぎです。せっかちすぎです。

スマホをいじりながら、ゲームをしながら、喋りながら、スマホで音楽を聞きながら。

などなど、とにかく自分がゆったりとできるスタイルでやってください。

動かしては止める。

我慢する。

本当にこれができない人が多すぎます。

少しは待ちましょう。

ぶっ放したい気持ちは痛いほどわかります!!

でも、それならTN70とかのバイブレーションをぶっ放してゴリゴリ巻いた方が日中でも釣れるんですよ。

なので、ステイさせることを意識してアクションさせてください。

動かすのはあくまで、違うポイントにワームを置く。

アクションは琵琶湖がしてくれます。

あなたがすることは信頼したワームを違うポイントにロッドを使って誘導させることです。

これさえ守れば、メキメキと上達していきますから。

そんなイメージでやってみてください。

まとめ

琵琶湖はボートが常にある状態なので、波などによって常に水が動いています。

なので、ヘビキャロはアクションをさせるというよりは、ワームの位置を移動させるイメージでやると釣果アップします。

最初はなれませんが、それをやることによってあなたの釣り人としてのレベルは確実に上がりますから。

ぜひ1度試してみてくださいね♪

最後まで読んでくれてありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする