琵琶湖のヘビキャロで絶対使ってほしいベイトリール!!

琵琶湖のヘビキャロでロッドと同じくらい。

・琵琶湖のヘビキャロで使えるオススメロッドに関する記事

いや、ロッド以上に大事になってくるのが、リールです。

リールは本当に大事です。

リールが飛ばないリールだと正直言って話になりません。

飛ばないリールを使うならヘビキャロとかしないで、シャローをガンガン巻いたり、テキサスリグでランガンした方がよっぽど釣れます。

そんな琵琶湖のヘビキャロゲームで大事になってくるリールを管理人の私が色々な経験の元にオススメできるリールを紹介していきます。

スポンサーリンク

ヘビキャロで使うリールの使い分け

まず、はじめに琵琶湖のヘビキャロで使うリールを選ぶ時に考慮して欲しいのが、リール径についてです。

リール径には色々とあって、

・32ミリ

→アルデバラン、スコーピオン1000など

・34ミリ

→メタニウムMGL、ジリオンSVなど

・36ミリ〜37ミリ

→アンタレス、ジリオンTWなど

上記以外のスプール径もありますが、基本的にはこの3つの径がバス釣り用リールではオーソドックスです。

ヘビキャロで使うリールの場合は、34ミリか36ミリ〜37ミリ径のスプールのモデルのベイトリールを選択してください。

理由は最初にも述べた通り、琵琶湖のヘビキャロゲームの場合は飛距離がめちゃめちゃ大事になってくるからです。

では、実際に34ミリと36ミリではどのように選択すれば良いのかを説明していきます。

34ミリ径スプール

34ミリ径スプールの場合はとにかく初速が気持ちいのが一番の特徴で、中量級のモノから重量級の重さまでバッチリ扱える万能なスプール径です。

なので、ベイトリールが初めての方や、たまにしかヘビキャロをしない人はまずこの34ミリ径のスプールのリールを選ぶのがいいです。

その中でも管理人が使いやすかったモデルを紹介していきます。

メタニウムDC

これは、本当に使い易い。

と言うか、ストレスフリーとはこのことか!!

そう、キャストしていて思えるシマノから出ているDCブレーキのベイトリールです。

ストレスフリーなのはもちろんのこと、飛距離もバッチリ出るので、DCブレーキを搭載したモデルを使ったことのない人は是非とも検討して欲しいベイトリールです。

スコーピオンDC

メタニウムDCは欲しいんだけど、ちょっと予算が。

そんな方はスコーピオンDCがDCブレーキモデルでは1番オススメできますね。

これは、ブレーキシステムがメタニウムDCと同じ構造になっているので、飛距離も同じくらいに出て、安定の飛距離と安定のブレーキを約束してくれるベイトリールになっています。

ジリオンSVtw

DCブレーキとか玄人向けじゃねー。

そんな方はジリオンSVがオススメです。

DCブレーキほどの安定感はないですが、SVスプールを搭載しているので、ノーサミングで気持ち良く飛んでくれるベイトリールです。

また、ジリオンシリーズということで、めちゃめちゃ頑丈です。

週末だけしか釣りをしないアングラーの方ならまず壊れないでしょう。

それぐらい強度の面でも安心できるモデルです。

以上3点が34ミリ径スプールモデルでオススメできる琵琶湖のヘビキャロで使えるベイトリールになっています。

上記3点で迷った場合は、予算がある方ならメタニウムDC、ジリオンSVとスコーピオンDCで迷った方は、ブレーキシステムで選ぶようにしてみると後悔しないで選ぶことができます。

36ミリ以上のスプール径

36ミリ径以上のスプールモデルを選択するアングラーは完全に飛ばし屋ですね。

とにかく、隣で釣りをしている奴よりもぶっ放したいぜ!とか

誰よりも届かないポイントに飛ばしたいぜ!とか

もう、俺は新しい世界を見たいんだ!

って人はとにかく36ミリ以上のスプール径を選択することをオススメします。

ヘビキャロの中でも1オンスのシンカーを使った釣りをすることがメインになる人は絶対に36ミリ以上がオススメです。

そんな、36ミリ径以上の琵琶湖のヘビキャロゲームで使えるベイトリールを紹介していきます。

アンタレスDC

やっぱり琵琶湖のヘビキャロゲームを本気でやろうとする人は絶対にアンタレスDCです。

なんだかんだ言ってアンタレスDCです。

理由はズバリ

圧倒的な飛距離。

これに尽きます。

マイクロモジュールとか剛性とか色々ありますが、なんだかんだ言って

圧倒的な飛距離。

もう一度言いますが、圧倒的な飛距離。

これに尽きます。

ただ、難点があって、値段が高いです。

ですが、それでも購入する人はそれだけ本気な人です。

個人的にはそんなアングラーは大好きです。

もっと釣具にお金をかけましょう。

もっと釣りにいきましょう。

そして、自信をつけて、人生を好転させましょう。

すみません、話が脱線してしまいましたね。ですが、それぐらいオススメできるのがアンタレスDCです。

ジリオンHLC

アンタレスDCとかミーハーっしょ。とか

やっぱり、琵琶湖のヘビキャロと言ったら村上晴彦でしょ。

だから、俺はジリオンHLCだぜ!

とかいう、飛距離を重視しているというよりも自分を持っているイケているバスアングラーはジリオンHLCですね。

アンタレスDCほどではないですけど、ジリオンHLCももちろん飛びます。

ちなみにHLCはハイパーロングキャストの略です。

僕はジリオンTWを所有していますが、ジリオンHLCのスプールの購入を現在検討しています。

友人のジリオンHLCがあまりにも使いやすかったので、お金がたまり次第購入予定です。

まとめ

琵琶湖のヘビキャロゲームでメインとなるのはなんだかんだ言って、ベイトリールではないでしょうか?

やっぱり気持ち良く釣りはしたいものです。

貴重な休日に釣りに行くのですから、自分が本当にほしいと思ったリールを購入しましょう。

時間は貴重ですから、無理してでも欲しいベイトリールを選択することが、結果として集中して琵琶湖のヘビキャロゲームを楽しいものとしてくれることでしょう。

ではまた!

当サイトではオススメしたいベイトリールを紹介しています。

・おすすめしたいベイトリールランキング10選