琵琶湖でのヘビキャロのワームのオススメ(釣果UP!)

琵琶湖でのヘビキャロゲーム。

マスゲン釣りチャンネルの活躍によって一気に有名になりましたよね。

個人的にもマスゲン釣りチャンネルは大好きなので、これからも活躍してくれることを願っています。

そんな、琵琶湖のヘビキャロゲームですが、より一層楽しくしてくれるのがワームの使い分けです。

ヘビキャロは飛距離っしょ!

いやいや、アクションでしょ!!

バス釣りは自由なので、いろいろな意見がありますが、やはりワームの使い分けはアングラーの集中力を持続してくれるし、釣果アップにつながることも事実。

なので、当サイトの管理人が独断と偏見で、琵琶湖のヘビキャロのワームの使い分けを解説していきます。

スポンサーリンク

琵琶湖のヘビキャロの使い分け

ではでは、いってみましょうか。

個人的に琵琶湖のヘビキャロで使うワームは3種類あります。

それが、

・ストレートワーム系

・クロー系

・ギル系←最近導入した。

とまあ、この3種類のワームを使い分けて琵琶湖でバス釣りを僕はしています。

では、それぞれシチュエーション別に解説していきます。

ストレートワーム系

個人的には、最初にストレートワーム系のワームからヘビキャロを始めます。

なぜなら、ストレートワームは個人的に思っていることなのですが、フィールドをスレさせにくいイメージがあるからです。

ストレートワーム系の代表といえば、ゲーリーヤマモトから発売されているセンコー4インチなのですが、センコーって同じポイントに何度も投げてようやく釣れるってことがよくあったんですよね。

そんな場面に何度も遭遇している管理人としては、ストレートワーム系から入りたいという気持ちからストレートワームを使用しています。

ちなみに、ストレートワームで使いやすいのは

ゲーリーヤマモトから発売されているカットテール4インチ。

これはね、もう名作なので、1度は使ってほしいルアーですね。

あとは、デスアダースティックの5.5インチ。

とにかくデスアダースティックは琵琶湖に強い。それ以外のフィールドではあまり釣れない。

なぜかは知りません。

琵琶湖を中心にテストをしているから、琵琶湖ではよく釣れるのでしょうか?

クロー系

ストレートワーム系でパッパッとサーチしてウィードの有無をチェックしたりしたら、クロー系のワームを導入していきます。

クロー系はとにかくストレートワームよりもアピール力は高いので、より早く勝負を決めることができるワームになっています。

ですが、個人的にはクロー系を使うときは必ず意識することがあります。

それが、バスがボトムを意識しているか?

これが、1番キーになっていて、ボトムを意識をしているバスはザリガニとかゴリ系を捕食しているので、必然的にクロー系のワームにも反応がよくなってくるんですよね。

季節的には秋の琵琶湖でよくハマるパターンです。

また、琵琶湖のヘビキャロのオススメのクロー系は3つあります。

1番試してほしいのがパインシュリンプです。

これは、ダウザー俺達こと秦さんが秋の琵琶湖のヘビキャロでよくつかっているワームで、管理人の私も秋はこればかり投げていますね。

ボリュームを欲している秋のバスにはパインシュリンプぐらいのボリュームがやはりほしいところですね。

次がドライブクロ―の3インチです。

いまや、超有名なルアー。てか発売当初からめちゃめちゃ人気のあったルアーで、現時点でどの釣り具屋でも取り扱っています。

なぜ、ドライブクロ―4インチ、5インチではないのか?

それは、3インチが一番飛距離を出しやすいからです。

本来、ヘビキャロは広範囲に探るのに優れているリグなので、とにかく飛距離は出したいところ。

なので、ドライブクロ―3インチをオススメしています。

そして、ドライブクロ―だからこそ3インチという小さいサイズを使っても琵琶湖でもしっかりと釣果を出すことができます。

それは、とにかくドライブクロ―がよく動くワームだからです。

だから、水をよく動かしてバスにハイアピールをしてくれます。

それが、広範囲の琵琶湖のおかっぱりでヘビキャロで攻略するうえでのポイントになります。

最後にデスアダーホッグです。

これは、とにかく動きが硬い。

微妙な表現になるんですけど、それがメリハリの効いたアクションを生み出して結果として釣れるんですよね。

サイズは、4インチが一番オーソドックスで使いやすいですね♪

ギル系

ギル系のワームは近年めちゃめちゃブームになっていますよね。

それに、マスゲンさんがギル系ワームをものすごく有名にしてくれたこともあって、デプスのブルフラットなんかはめちゃめちゃ人気があって今では、ほとんど品薄状態が続いています。

まあ、しばらくしたら普通に釣り具屋で買えるようになると思いますが。

そんな、ギル系のなかでも個人的におすすめなのは、やはりスタッガーですね。

スタッガーに関しては、とにかく琵琶湖の代名詞的ルアーになっていて、ダウンショットで使ってもめちゃめちゃ釣れるんですが、もちろんヘビキャロでもしっかりと釣果を出してくれます。

サイズは飛距離を重視して3インチがおすすめです。

まとめ

ヘビキャロってやればやるほど、奥が深い世界で、琵琶湖の浜に通い続けた人にしかわからない微妙なものがあるのも事実です。

なので、初めてヘビキャロをする人はあまり難しく考えずに、上記でオススメしたルアーを適当に使って、経験値をじゃんじゃんためてくださいね♪

最後まで読んでくれてありがとうございました!

一緒に読んでおきたい記事です。

・琵琶湖で使うヘビキャロのラインの太さについて