琵琶湖のおかっぱりでオススメのデプスのソフトルアーを紹介!

ども、管理人です。

デプスのルアーと言ったら琵琶湖。

琵琶湖と言ったらデプスのルアー。

それぐらいにデプスって琵琶湖のイメージが強いですよね。

そんな管理人もデプスのルアーには大変気に入ってお世話になっています。

そこで、今回は琵琶湖のおかっぱりでオススメのデプスのルアーを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ブルフラット5.8インチ

これはね、もうね。

まず買って1日投げ倒してみてください。

デプス ブルフラット 5.8inch deps BULL FLAT 18 ブルーマロン 4本入

例えば、ブルフラットのコーナーに10人が来たとします。

そのなかで、5.8インチを選んで買う人はおそらく1人。いや、下手したら0人。

個人的にはそう思っています。

なので、この5.8インチのブルフラットを選んだ時点で、あなたは一歩進んでいると思いますね。

そのブルフラット5.8インチを琵琶湖のおかっぱりで使ってみてください。

おそらく、30分もしたらめげそうになるでしょう。管理人の私もそうでしたからね。

ですが、そこで釣果を出せるか、出せないかの瀬戸際に立たされていることに気づいて、しっかりと1日投げ切りましょう。

信じて投げれば意外と答えは早いですよ。そして、1匹釣れば、あとはブルフラット5.8インチに対しての信頼も増すので、どんどん使うようになって、どんどんバスが釣れるようになります。

しかも、デカバスがね!!

そんぐらい、琵琶湖のおかっぱりではオススメのルアーになっていますね。

ちなみに、使い方は3.5gのペグ止めなしのライトテキサスがいいかと。

デスアダースティック6.5インチ

これも、ブルフラット5.8インチの次につかってほしいルアー。

デプス ルアー デスアダースティック6.5 #12グリーンパンプキン

だけど、この6.5インチというサイズ感に戸惑ってしまう人もいるのではないでしょうか?

大丈夫。まずは買って、1日投げ倒す。

これをすれば、80%の確率(6月~9月半ばくらいまで)で釣れますから。

そして、釣れるバスのサイズも割かしデカいです。

さらに言うと、ブルフラット5.8インチほどの爆発力はありませんが、比較的にコンスタントに釣れますよ。

なので、6インチサイズのルアーを使ったことのない人はまずデスアダースティック6.5インチから使うのが個人的にはオススメですね。

ちなみに使い方はブルフラット5.8インチと同じ3.5gのライトテキサスが安定して釣れます。

※youtubeでデプスの白川さんがデスアダースティックの使い方を解説しているので、それを見てから琵琶湖のおかっぱりに行くのがいいですね。

まとめ

デプスのルアー=デカバス。

この方程式は管理人が琵琶湖で釣りをするようになってから確信しているものです。

個人的に琵琶湖で釣りをする前は、デプスのルアーはあまり使わなかったのですが、デカバスを釣りたくて、デカいルアーを使っていくうちに結果としてデプスのルアーを琵琶湖のおかっぱりで使っているような感じになっています。

なので、この記事を読んで、デプスのルアーに興味を持てなくても、まずはデカいバスを琵琶湖で釣ってやるぜ!

そんな感じで琵琶湖でおかっぱりしていれば、最終的にデプスのルアーを使っている自分がいますから。

では、また!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする