南湖でドーン(ジャッカル)はプレッシャー対策にも最適!

はい、ドーン!!!

ってな感じでのジャッカルから出ているドーンですが、管理人の僕的には非常にネーミングセンスを感じるルアーですね。

スポンサーリンク

ドーンの特徴

最初は、これ色物ルアーか?!っと疑ってかかったのですが、このルアーの最大の特徴はなんといっても、プレッシャーに強いスピナーベイトだということ。

これが、なにを意味するか?

それは、おかっぱりで割とハイプレッシャーな状況の南湖(ゴールデンウィークとか)でもコンスタントに釣果を叩き出すことができます。

基本的に、同じ場所に投げてもバスの反応が来るので、何度も通すことをお薦めしますね。

早巻きチューンも使える

秋になると、バスは早い動きに反応がよくなります。

ここで使えるのが、ドーンに板おもりを貼って早巻きができるようになることです。

これは、ほかのスピナベでも使えますが、ドーンにチューンすることによって、よりドーンの性能を引き上げてくれます。

まあ、スピナーベイトってどれも同じように感じるのですが、使いこなしていくうちにルアーの波動の強弱、投げやすさ、釣れるバスのサイズなどなど、いろいろわかってくることがあるので、ドーン以外にもいろいろと自分なりに実験してみるのもおもしろいかと思いますね♪