南湖のおかっぱりで確実に釣りたいなサターンワームでしょ

今も昔も相変わらず釣れます。

サターンワーム。

小学生のときの僕は安いルアーは釣れない。

そんなセンスのない考えを持っていたのですが。

このサターンワームを使ってからこの方程式は崩れましたね。

スポンサーリンク

サターンワームの良さに出会う

当時はサターンワームにマス張りちょんがけしてガン玉をかませて

ひたすらずる引きで使ってました。

当時住んでいた近くの野池はバスの数が多かったのか、ポイントを入れなおしたりして何度も同じ場所を投げても永遠とこのサターンワームで釣れましたね!!

では、現在の琵琶湖(南湖)でサターンワームはどうやって使うのか?

僕のバックエンドにはマス張りちょんがけにガン玉という釣り方があるのでこれを応用して使います。

まあ、原理は同じなんですけど、3~5グラム程度のライトキャロでスピニングで使いますね!

そして、ひとつこだわりがあります。

それは絶対的にPEラインで使うということです。

琵琶湖というビックレイクである限り、おかっぱりで飛距離は絶対条件です!!

なので管理人の僕はPE0.3前後をつかっていつもかっ飛ばしてます。

これを一日やって釣れない日は完全にエリアが間違っているといえますね!

なので、サターンワームは安いし、釣れるので。

フィネスの練習にめちゃめちゃ使えるのでぜひ買ってみてくださいね♪

てか、サターンワームで釣れるようになってからですよ!イマカツとかの高級ソフトルアーを買うのは!

イマカツのルアーをより一層引き出せるはずです。

それでは!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする