琵琶湖(南湖)のバス釣りで5月に使うルアー!

ども管理人です。

ゴールデンウィーク、マジで人が多いですねw

個人的に西岸でウェーディングするのが一番プレッシャーの影響を受けないで済むのではないかと思っているのですが、どうでしょうか・・・

5月に入り、琵琶湖のバスたちもアングラーもにぎやかになる季節。

そして、必然的にプレッシャーは高くなるのは事実です(*ノωノ)

スポンサーリンク

ゴールデンウィークの攻略

ですが、戦略をもってバス釣りをすることで、普段よりも数多くのバスをキャッチすることは可能です。

それは

気合です!!!

気合はバス釣りをするうえで一番大切なことだと個人的には思いますが、これは根性論的な考えになってしまうので、人によって釣果に大きく差が出てしまいます。

では次に大事なのは

エリア選択です!!!

エリア選択もめちゃめちゃ大事です。だってエリアミスったらバスいな

いですからね。まあ琵琶湖だったら基本いると思うけど。

んで、最後に来るのがルアーなんです

これを僕は常に意識してバス釣りをしています。

それで琵琶湖の5月のルアーは基本的にいろいろと使いますけど、ヘビダンとミノーとバイブレーションをローテーションさせればいいのではないのかと。

まあ、ヘビダンはスタッガーワイドとかそこらへんがオススメですね。

・スタッガーワイドに関する記事

ミノーだったら

やっぱりヴァルナ、バリソンミノー、ルドラあたりをローテーションで。リップライザーの選択しもアリですね!!要はなんでもアリってことです(*’▽’)

・ヴァルナに関する記事

・バリソンミノーに関する記事

・リップライザーに関する記事

バイブレーションだったら

やっぱりTN70は外せないし、基本のTDバイブレーションは必須ですね♪

まあ基本はこの2つがあれば十分かと。

バイブレーションは5月までは全然いけるので、みんなが使い始めなくなるこの時期に1人投げ倒すのも全然アリです!!

・TN70に関する記事

→TDバイブレーションに関する記事

琵琶湖の5月はいきなりバス釣りをする人にとっては戸惑う時期かもしれませんが、自分のできる釣りを一つ1つ丁寧にやって、ルアーを変えていけば必ず釣果につながります。

まわりの情報に振り回されないで、あくまで自分主体でバス釣りを楽しんでくださいね♪

1CMでも自分の自己レコードを超えることを心から願っています(._.)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする