南湖のアフターはリップライザーのライザーアクションで♪

リップライザー。イマカツから出ているもはや定番のジャークベイトですよね。

今はダルドとかISワスプが有名になっていますが、やはり個人的にはイマカツから出ているミノーの中で名作はリップライザー。だれが何と言おうとリップライザーです。

いまはリップライザー激アサというのも出ていますがねw

そして、これがいわゆるウキウキパターンで効果的なんですよ。

スポンサーリンク

アフターに効く

ウキウキパターンはミノーをジャークさせて浮かす。これを繰り返していきます。

ジュ。チョポン。

ジュ。チョポン。

これを繰り返していくと

バシャ!!!

と出るわけです。

まあ、リップライザーは浮く姿勢が独特なので例えば、サイドステップと使い合わせて、南湖(琵琶湖)でも釣果を倍増することができます。

基本的に管理人はサイドステップでウキウキパターンをしますが、代打的にリップライザーを多用します。

サイドステップは基本的に水平姿勢で浮いていくのですが、リップライザーは頭を↑に向けて浮いていくのでベイトフィッシュが水面に逃げていく姿勢に見えるんですよね。

状況によって使い分けますが、基本は適当です(笑)

そんなこんなで、基本的にはウキウキパターンはミノーであればどんなミノーでもできるのでやってみてください。