マグスカッドミノーは琵琶湖のサーチに最適

ども、管理人です。

琵琶湖でジャークベイトってみなさん使いますか?

僕はボートに乗ったときはちょいちょい使いますね。

ウキウキパターンとかまさにジャークベイトじゃないと反応しないってときは最適な攻略法かと。

そこで、今回は僕のすきなミノーについて紹介しちゃいまーす(‘◇’)ゞ

スポンサーリンク

軽いジャークでかっ跳び!

ジャッカルから発売されているマグスカッドミノー。

こいつの特徴は何といってもレスポンスがいい。

ただね、それはジャークしたときの話です。

ただ巻きはちょっとレスポンスが悪いという感じが正直なところです。

なので、ジャーク主体で使うひとにとってはこれとないミノーはないのではないでしょうか?

まあ、ジャークベイトの王様といったらワンテンですが、ワンテンはジャークをするのに非常に力がいります。

それに引き換えこのマグスカッドミノーは軽いジャークでしっかりキビキビ動くのが特徴です。

まあ、その特徴を最大限に引き出すにはサイズがポイントになったりします。

128サイズがオススメ

軽いジャークでかっ跳ぶマグスカッドミノー。

このポテンシャルをいかすには絶対に130サイズです。

だって100ミリサイズのミノーはどれもレスポンスいいからね。

130サイズでキレキレのアクションができるということが大切です。

さらに琵琶湖というフィールドの特性上やはりアピールしてなんぼの状況があるので必然的に130サイズを選びましょう。

実はリレンジという選択もありです♪

ではでは♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする