ヴァルナを琵琶湖(南湖)での使い方。

ヴァルナは昨シーズン使いまくったルアーですね。はい。

なんでかって?

すごい釣れたから。

それだけです。

でも使っていてわかったことがあるので共有できたらと思います♪

スポンサーリンク

動きがタイト

ヴァルナは動きがタイトゆえにただ巻きでバスを魅了するアクションをします。

そして、釣れる。

とくに瀬田川とか川での釣果が圧倒的に出ています。

サンドバーとかあってそこにベイトが上がってたらもうチャンスです。

ガンガン小石にヴァルナを当てて、バスにアピールしましょう。

では、南湖(琵琶湖)ではどうやって使うねん?

そうなってきますよね♪

使うべき場所で使う

ミノーというジャンルのルアーはバス釣りの基本ですが、琵琶湖で使うにあたって使うべき場所というのもあります。

管理人自身、おかっぱりメインで使っているのでおかっぱり前提で話します。

それは岬です。そしてベイトがたまっている場所です。

マジでこれ大事です。

なんだろ、岬っていって難しく考える人がいるんですけど、わかりやすくいうと

とんがっているところです。

これがキーです。

ヴァルナは基本ただ巻きで何時間も粘って巻きまくって釣るというのが僕的使い方なので場所は絶対大事です。

ここをミスるとラッキーパンチを狙った釣りになってしまう釣りになってしまいます。

まあ、実際にフィールドに出てやってみることが大事ですね♪

知っているのと、知っていてやってみた。

これでは後者の人のほうが圧倒的に釣りがうまくなるのは当然のことですよね(‘◇’)ゞ

それでは♪