真夏の琵琶湖はキンクー13インチのネコリグ

チース。管理人です。

最近やろうと思っていることが1日、1日と伸び続けています。

マジでやばいです。そろそろ止めます。

明日は絶対やることやる!

そう覚悟しております。

どうでもいいですね。

スポンサーリンク

キンクーについて

そんなことより、デプスから発売されているキンクー。

なんかさ、デプスのルアーってネーミングがいいよね。

キンクーっていいよね。ガイド前田さん的に言うとクンキー。

このクンキーはめっちゃ釣れるパターンがあるんです。

でも、今やるとちょっとスレてるかな?って感じなんですけど。

大丈夫。人より早くこのパターンを先取りすれば問題ないです。

それはね、真夏のキンクー13インチを使ったネコリグです♪

キンクー13インチのネコリグ

13インチって聞くとみんな敬遠しがちなサイズなんだけどね、冷静になって。

13インチをネコリグで使うと実質てきに半分になって7インチみたいに見えるから。

そして、アピール力がすごいからいろんなところから琵琶湖のバスを誘いだしちゃうんですよね。

それで、こいつを真夏の琵琶湖で導入するタイミングなんだけど。

それはね、日中でバスがすれている時!

夏の琵琶湖はみんなラバージグを使いますよね?

でも、釣れない時間帯は必ずあるんだけど、その時にエリアに確証があるけど釣れない。

そんな時はキンクー13インチのネコリグでファーストインパクトで仕留めちゃいましょう!

よくスレたフィールドでビックベイトに反応する時ってありますよね?

簡単に言うとそんな感じです。

みんなラバージグに飽きたバスが興味本位から近づいてきて本能的にバイトしてくるんで、マジ離さないですからね♪

まあ、矢橋帰帆島からのオカッパリからでも実績あるんでオカッパリからでもエントリーしてみてはどうでしょうか?

あとちなみにネコリグのネイルシンカーの重さはお好みでどうぞ♪

→キンクー13インチのジグヘッドワッキーに関する記事はコチラ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする