琵琶湖で6.5インチカットテールは絶対マスターしましょうね。

琵琶湖で最強の食わせと個人的に思っているのが

カットテール6.5インチのドリフト釣行。

これはね、マジで釣れまっせ♪

もはや、エサです。はい、ルアーじゃないです。

もう一度いいますよ。エサです。

それぐらい釣れるカットテール6.5インチなんですが

こいつの魅力には、

・釣れるマテリアル

・ノーシンカーワッキーによるドリフト

この2点があってはじめて琵琶湖でデカバスを量産することができるようになります。

スポンサーリンク

ゲーリーマテリアル

ゲーリーヤマモトから出ているワームはすべてこのゲーリーマテリアルが入っているのですが、このマテリアルが高比重なんで非常に使いやすくて食わせのマテリアルなんですよね♪

だから、ベイトフィネスとかでも全然使いやすいし、一日中ストレスなく使えちゃうんですよね。

ノーシンカーワッキーによるドリフト

カットテール6.5インチはノーシンカーワッキーで最も威力を発揮します。

そして、その際にドリフトと呼ばれているワームを漂わせて釣る方法が一番威力を発揮します。

イメージとしてはウィードの面をふわふわとただ流すことによってウィードの中にいるバスを引っ張り出して釣るといった感じです。

また、ちょいとポイントとして、カットテールの頭に0.3g程度のネイルシンカーを入れることによって重心を頭に持っていくことが大切です。

そうすることによって、ウィードにスタックしにくくなるんですよ。

さらに針の番手を2番ぐらにすることによって、というより、みなさんが普段つかっている針より、気持ち小さいかなくらいのハリを使うことによってウィードにスタックする率を減らしてくれます♪

これは釣れる釣り方なんでぜひやってみてくださいね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする