スタッガーワイドヘビダンはシンプル&丁寧。

スタッガーワイドは琵琶湖でめっちゃ有名になってギルパターンの元祖として君臨しているルアーですよね♪

僕は、最初見たとき、

なにこれ、はいスルー。

そんな感じで釣り具屋に行っても完全にスルーしていました。

スポンサーリンク

琵琶湖の定番ルアー

でも、時が経ちハイドアップを運営している吉田秀雄さんの地道な活動により様々なアングラーの人たちが使うようになって、僕も使うようになった。

まあ、話題になったら製品は一度は使うのが大切ですからね。

んで、実際にスタッガーワイドのヘビダンが釣れると聞いて使ってみると、

やべ、つれね。

はい、そうです。管理人の僕はやらかしていました。

使い方を間違っていました。

アクション方法

スタッガーワイドをヘビダンで使用するときに絶対に守らないといけないポイントがあります。

それは、糸をダルダル、そしてステイ。

これがめーちゃ大事。

もうね、投げたらスマホいじってるぐらいがちょうどいいですよ。

そんぐらい、投げたら放置するだけで、モグモグといっちゃてますからね♪

とにかく、ダルダル&ステイです。

そして、やることはシンプル&丁寧で。

まとめ

ワイドのサイズは基本3.3インチを使って、ヘビダンの重さは1/4から3/8オンスをつかっています。

なかなか抵抗があって使わない人もいますが、ハイドアップのルアーは爆発力がすごいです。そして、誰もがやっていないような使い方を見つけたらもっとつれます。

あっこれはどの釣りにおいてもそうですね。

JBTOP50の檜原湖戦で吉田さんがスタッガーワイドを駆使して優勝したことからも、ハイドアップのもつルアーのポテンシャルがうかがえますよね。

それでは♪

スタッガーワイドヘビダンはシンプル&丁寧。を最後まで見てくれてありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする