南湖でドライブスティックのライトキャロは最適

OSPから発売されているドライブスティックはいまや関東のアングラーのみならず関西のアングラーもガンガン使っているワームですよね。

まあ、管理人もこのワームにはお世話になりました。

そして、みなさんも思うことがあると思います。

これデスアダーに似てね?!

特に琵琶湖に通っているアングラーで普段からデスアダーを使っている人なら絶対に思いますよね?!

管理人もそうでした。

スポンサーリンク

アクションの違い

でもね、見た目は似てるけどアクションが違うぜ(`・ω・´)シャキーン

簡単にいうと、

・ドライブスティックはやわらかいアクション

・デスアダーは押しが強いアクション

んーこのニュアンス。

普段からどっちもつかってくれる人ならわかってくれるはず。

ドライブスティックのアクションってデスアダーと違ってボディがやわらかいから、動きが

艶めかしいんだよね♪

実際に両方買ってみてノーシンカーで使うとすごくわかると思います。

ドライブスティックとデスアダー使い分け

ドライブスティックとデスアダーを使い分けています。

基本的にはデスアダーを使うことが多い僕ですが、

ライトキャロに関してはドライブスティックを使っています。

それはなぜかというと、サイズ感です。

もちろん艶めかしいという点もあるけど。

デスアダーのサイズが、

・4インチ

・5インチ

・6インチ

などとなっていて個人的にライトキャロで使うベストなサイズがなかったんですよね。

そこで、ドライブスティックの出番です。

ドライブスティックのサイズは、

・3.5インチ

・4.5インチ

とちょうどデスアダーの中間にあるんですよね。

だから、デスアダーの埋め合わせ的な位置で使えるんですよね。

そんなこんなで、南湖の浜でキャロをするときは3.5インチだったり4.5インチを使って釣りができるわけなんですよね♪

それじゃ!

南湖でドライブスティックのライトキャロは最適を最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする