南湖、アンモナイトシャッドの使い方!

アンモナイトシャッドって発売されてからどれくらい経つ?

でも、結構立っているよね♪たぶん4年くらいたってんじゃない?

でも相変わらず釣れるシャッドテールワームですよね。

ただ、こいつの可能性を引き出すにはある使い方がポイントですぜ。

スポンサーリンク

PDチョッパーとの組み合わせ。

これは、ダウザー俺達こと秦拓馬さんが発明した組み合わせなんですけど、当時は神のアクションとか呼ばれていてすごい注目されていましたよね♪

そんな神のアクションと呼ばれているPDチョッパーとアンモナイトシャッドの組み合わせですが、使い方にコツがあります。

それは、

・PDチョッパーのウエイトを使い分ける

・スローに巻く

この2点だと管理人てきには思いますね。

PDチョッパーのウエイトを使い分ける

これは南湖で釣りをする場合で考えると

シャローの中層を釣るときは、1/4オンスを使って極力スローに巻いていきます。

これが、春のプリにめっちゃ効くんだよね。

とにかくスローにこれを心がけてください。

他のスイムジグとシャッドテールの組み合わせではこうはいきません。

スローに対応できる強み

いまだにスローに巻いてもしっかりとテールをきれいに振ってくれる組み合わせを管理人はまだ見つけていないので。

その点、PDチョッパーとアンモナイトシャッドの組み合わせはスローに巻いてもしっかりとバスにアピールしてくれます。

そして、中層ではなくてボトムにコンタクトさせながら引いていきたい場合は3/8オンスを使って引いていきましょう。

まあ、これは重いリグを使えばなるべく下の層を引いてこれるという原理ですね♪

春の新芽のウィードを狙うときやおかっぱりで広範囲にかつスピーディーにサーチしたいときに最適なんではないかと思いますね。

スローに巻く

まあ、最初にもいいましたけど、アンモナイトシャッドとPDチョッパーの組み合わせのすごいところはスローに巻いてもしっかりと動いてくれることです。

これがすごい大事!!

なので、これを徹底的に意識して使い倒してください。

てか、これを意識してやるだけでかなり他のアングラーと差をつけることができますからね。

だってさ、僕は釣りに疲れてくると、

なんとなく巻いていることが多いんです。

これはぼくがおかっぱりしていて思っていることですが、たぶん巻き速度を意識してウエイトを使い分けることでより楽しくより釣れる!

そんな釣行ができると思いますね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする