アノストレートはネコリグ専用ゆえに琵琶湖で釣れる

アノストレートって琵琶湖アングラーの方なら一度は釣り具屋でみたことがあるのではないでしょうか?

僕は、琵琶湖に来る前まではアノストレートの存在を知らなかったんですが。

だから、アノストレートを関東とかで使ったらマジでめっちゃ釣れんじゃないかなーと思っている今日この頃です。

そんなアノストレートの秘密にせまってみましょうぜ♪

スポンサーリンク

アノストレートの特徴

アノストレートの特徴はなんといっても

扁平ボディと素材のハリ感です。

通常のストレートワームは真円になっているものがほとんどで、ネコリグで使うと水押しが弱いというわけではないですが、やはりもうひと押しほしいところです。

そんなストレートワームのなかでもアメリカから発売されているZOOMのスワンプクローラーというワームはネコリグに向いていました。

その中でもいわゆる、バリがポイントでバリがあるスワンプクローラーはよく釣れたみたいでそれを再現したのがおそらくこのアノストレートです。(確かyoutubeで長谷川さんがそんなことを言ってたような気がしますw)

そのアノストレートは水押しが強いので、北湖のディープを攻略する時なんかも全然いけちゃうんですよね。

アノストレートのおすすめサイズ

特に個人的に好きなのが

7インチと13インチです。

うん、これがマジで好き。他のサイズでも全然いいんだけど、管理人的にはこのサイズ感が1番モチベーションが上がるんですよね♪

とまあ、そんな感じでアノストレートは琵琶湖に通ってるアングラーなら使って欲しいルアーで、関東のアングラーなら爆釣の可能性のあるルアーであると僕は思ってます。

それでは♪

アノストレートはネコリグ専用ゆえに考えられて作られているを最後まで読んでくれてありがとうございました。