琵琶湖のギルパターンにはブルラット

琵琶湖って広いよね。

マジで広大だよね。そして、昔は織田信長の舞台にもなっていることが多いこの滋賀県。

うん、管理人は好きです。この土地。

そんなことよりも、管理人は琵琶湖の浜とかで釣りをしていてギルを見つけちゃったりしちゃったらもうね、ブルフラットを投げましょう。

そんなブルフラットを解説していきます。

スポンサーリンク

ブルフラットとは

ブルフラットって簡単にまとめると、

・デプスから発売されているルアー

・形状がギルの形をした扁平ボディー

うん、そんな感じです。

まあ、このルアーなかなか入手困難なルアーなんだけど、その分釣れるぜ♪

プレッシャーにも強いし、騙しやすいからね。※ただ、裂けやすいのが痛いところであります。

ブルフラットの使い方

ヘビキャロ1/2〜3/4オンスのウエイトでぶっ飛ばしてステイ。

そして、リフトアンドフォール。

これの繰り返しかと。

まあ、ヘビキャロの簡単な使い方ですよね。

それが一番リズムをとり易くて、釣れる。

まあ、結局ヘビキャロってルアーの性能を試されるんで、基本性能っていうかギルがいるところにはギルワームを投げれば釣れるのは賢いからね

そんなこともあり、一つ欠点があります。

それは、

とにかく売り切れしやすい。(デプスのルアーは人気あるし、釣れるから)

ここをあなたのネットワークを駆使して入手してほしいところですね。

まあ、一度使ったことある人はしばらく使わないでほしいですね。

そんな、感じでギルがいるところにはギルルアー投げようぜって話でした♪

琵琶湖のギルパターンにはブルラットを最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする