琵琶湖バス釣り、ダイナゴンは地味だけど釣れるよね

みなさん、3月に突入しましたね。

そんな、管理人は最近ですがひたすらスピナーベイトを巻いております。

まあ、こんな雑談はさておき、今回はイマカツから発売されているダイナゴンについて。

スポンサーリンク

ジミーシリーズ

今年はジミーシリーズと言われているイマカツのダイナゴンがリニューアルしましたね。

そのなかでも地味だけどすげー釣れるワームがダイナゴンです。

特徴としては

・とにかく飛ぶ。スゲー飛ぶ。

・ハリ持ちがいい

・リアクションバイトを狙える

この3点がありますね。

塩がたっぷり入っているのでスゲー飛ぶ

イマカツ独自の製法によりダイナゴンには大量の塩が入っているために、ノーシンカーでもものすごい飛距離を出します。

そして、空気抵抗の少ないシルエットをしてるのでまさにぶっ飛びです。個人的には高比重ワームの中でも群を抜いて飛ぶのではないかと。

ハリ持ちがいい

基本的に高比重ワームは塩がいっぱい入っているので、使っていて裂けたり、一匹釣ったら裂けたりと、消費が激しいもの。

でもね、このイマカツのダイナゴン。

イマカツ独自の製法によって(この表現2回目でごめん)ハリ持ちが良くて3匹まで釣れるようなマテリアルを採用してるんだよね。

だから、コスパにも優れているということですね。でも、普通に使っていて裂けることもあるので注意してくださいね。

リアクションバイトが狙える

このワームは琵琶湖のウィードレイクなどでも大活躍します。活躍する時のアクションは大抵リアクションバイト。

使い方は簡単。ウィードに引っ掛けて

プンッ!

と外すだけです♪

その瞬間にダイナゴンが、

シュン!と素早く動いて、思わずバスが食いついちゃうというわけです。

コツとしてはライトテキサスでペグドメなしで使うことで、思う存分ダイナゴンが動けるようにすることです。

まとめ

まあ、ダイナゴンに限らず高比重ワームって釣れますよね。

でも、ファットイカとかドライブスティックなどと使い分けることでまた一段とバス釣りも面白うなりますよね。

僕はこれからも琵琶湖でダイナゴンに限らず他の高比重ワームを投げて色々と検討してみようかなと考えています。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする