春はデプスのバイオレータージグが釣れる

春はラバージグでドスンとデカイのを狙うのも一つの釣りとしてアリですよね(´Д` )

そんなラバージグですが、管理人の僕が大好きなルアーがあります。

デプスから発売されているバイオレータージグです。

なんでこいつか?

それを解説していきます。

スポンサーリンク

ラバーに秘密あり

それはね、ズバリ

ラバーの太さ、ハリ感が好きだからです(´Д` )

ラバーの太さが太いんですよね。このバイトレータージグは。

まあ、OSPから発売されているゼロワンジグストロングとかも有名ですが、

あれはラバーチューンをするのがちょっと個人的にめんどいし、バイオレータージグに比べるとちょっと高いんだよね。

だから、デプスのジグを選んでいます。

でね、バイトレータージグの特徴は

デカイの釣れる(これが使う理由の全てだよね♪)

飛ばない

この2点ではないかと管理人は考えています。

春にこのジグを使う理由

それはねデカイバスが釣れるからです。

はじめに書いた通り、多分ラバーがスゲー活躍して水押しが強いからデカバスを引き寄せるんだよね。

特に琵琶湖みたいにデカイ湖は強いルアーは必要だよね。

僕は春の人口島でデカバスをこのジグで量産してました。もちろんめっちゃ通ってたけど、それだけじゃない。このジグのおかげ。

ただね、このジグは飛ばない。

だから、僕は最低でもオカッパリでは1/2オンスを使っています。

でも、ラバーが太くてハリがあるからフォールがスローなんだよね。それもこのジグの特徴。

だから、飛距離が必要な場面とかはあまりお勧めできません。

まあ、使ってみればわかると思うけど。スゲー飛ばないから。

でも、人口島とか近距離でのピッチングとかならこのルアーは釣れるよ。デカイのが。

だから、とにかくデカイの一本勝負っていうメンタルの強い人がいたら使うのも全然アリではないかと。

それでは、また!

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする