琵琶湖でもDゾーンは釣れるスピナーベイト

はじめに言わせください。

本当に、Dゾーンって釣れるよね。

なんかさ、ネーミングもいいし、シルエットもいいし、飛ぶし。

なにより、釣れるよね♪

そんな、Dゾーンについて書こうかなと思います。

スポンサーリンク

Dゾーンの特徴

Dゾーンは、キングこと清水盛三さんが開発したトーナメント用のスピナーベイトです。このトーナメント用というのが要注意なポイントです。

そして、圧倒的な釣果とデカバス率から発売されてから10年経つ今でも釣り人から絶大なる人気を得て支持されています。

特徴としては

・強力なフラッシング

・スピナーベイトにしては飛距離が出る

この2点だと思います。

この2点が圧倒的に他のスピナーベイトと比較してずば抜けている代わりに大きな代償をこのスピナベは払っています。

それが、ワイヤーの存在です。

釣れる反面ワイヤーが心配

そうです。このDゾーンは細軸のワイヤーを使っているので何匹か釣ると折れてしまいますw

なので、一回のトーナメント用に開発されているから釣れるんです。

だから、とにかく琵琶湖でデカイの釣りたい!

そんな人は、買いだめして使いまくってください。

マジで釣れますから。ただ、壊れやすいけどね。

でも、本場のアメリカのトーナメントで戦っているモリゾーさんが開発しているだけあってある程度の強度はあります。

でもBカスタムを普段使っている人がDゾーンを使って、強度がないとか言っちゃダメだよ。

ルアーの特徴を理解して使いましょう。

中学生はワゴンセールのスピナベ(これ絶対ね)

高校生〜大学生(ハイピッチャー、Bカスタムとかの頑丈なやつ)

社会人(Dゾーン)

うん、こんな感じでしょう。

今書いて思ったんだけど、ルアーの特徴というより世代別にオススメのスピナベって感じになってるね。

ってことで一回はこのエバーグリーンから発売されているDゾーンを使ってみるのもいいかと。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする