南湖でドライブクローはとりあえずテキサスリグが最適かと。

ども、管理人です。

ドライブクローってもう発売されてから何年経つんだろう?かなり経ちますよね?

それでも未だに全国各地のアングラーから支持されている理由、それはズバリ、

釣れるから!

もうほんとコレですよね。

もちろんこれは琵琶湖(南湖)でも言えること。

そんなドライブクロ―の特徴を解説していきます。

スポンサーリンク

ドライブクロ―の特徴

南湖では、冬以外のシーズンは常に釣れる定番ルアーとして君臨しています♪

というかOSPのルアーってどのルアーも基本性能が高くて信頼できますよね。

そんな、ドライブクローですが、開発したのは川村光太郎さんです。

当時、このドライブクローで初代陸王の座についたのは今でも記憶にのこっています。

それぐらい、このルアーはめちゃくちゃ釣れたんですよね。

もちろん、光太郎さんがめちゃめちゃ釣りがうまいというのもあるけど、てかそれが一番でかいか。

そんな、光太郎さんはいまや独立して新しいブランドを立ち上げましたが、絶対いいルアーを作ってくると信じています♪

南湖で使うならヘビキャロかテキサスで

やっぱり、琵琶湖(南湖)でオカッパリをするなら圧倒的に広範囲に探る方が釣果につながりやすいです。

管理人としては

ウィードがうすいエリア=ヘビキャロ(シンカーは1/2〜3/4オンス)

ウィードが濃いエリア=テキサスリグ(シンカーは1/4〜1/2オンス)

このようにウィードの濃さで使い分けてます。

ウィードがうすい場合はヘビキャロを使用して、とにかく広範囲に探ることを意識して使います。

使いかたとしては、リフト&フォールの繰り返し。たまにポーズ。そんな感じです。

あまり、難しく考えて僕は釣りをしないのでやることは単純です。

そして、ウィードが濃い場合はテキサスリグを使用して釣りをします。

ウィードの濃さに合わせて、シンカーを調整しますが、ドライブクローは巻いても釣れるので広範囲にウィードのトップを探りたい時はあえて1/2オンスを使用して

ひたすら高速巻きでリアクションバイト!!

そんな感じで爪をバタバタさせて釣るのも全然ありです。

まとめ

ドライブクローはいまやクロー系ワームの絶対定番です。

クロー系ワームで何を使っていいかわからないという人は一度使うのもいいかもしれませんね♪

使い方も、ヘビキャロ、テキサス以外にも色々な使い方ができるのでどんどん使って使いこなしましょう。

最後まで読んでくれてありがとうございました!