スレた琵琶湖のバスにはキッカーバグの放置だよね♪

こんにちは。

キッカーバグって琵琶湖で意外に使われていますよね。

カスミ水系では人気がありますが、琵琶湖でも実は意外に使われています・

今日はエバーグリーンから発売されているキッカーバグについて紹介しようかなーと思います。

スポンサーリンク

キッカーバグの特徴

うん、好き。デザインも詰めの先端の丸玉も最高!!

そんな、管理人が大好きなキッカーバグですが、このキッカーバグの特徴はなんといっても

自発アクション!!

これですよね。

キッカーバグはジグ番長で有名な菊本さんが開発したルアーなんですけど、菊本さんってビックダディがすごい好きでそれをインスパイアしたルアーがほしくて開発したのがきっかけなんですよね♪

だから、基本的にはビックダディのソフトルアーのイメージを持って使ってもらえればと思います♪

そんな、ビックダディーの釣れる一番のアクションはズバリね、

アクション後の放置!!

これに限るよね♪

キッカーバグはデカい爪が特徴なんだけど、キッカーバグが着底した後に爪がゆっくりと倒れるんだけど、そのポーズ中がバイトチャンスです!

キッカーバグのアクション方法

アクション方法は、琵琶湖のウィードの中に入れて、

ほぐして、放置、ほぐして、放置。

これを繰り返せばスレたバスにもめっちゃ効きます。ただね、放置するのが若干たるいです。その点はご了承ください。

でも、実際釣れる感覚が身につくと放置するのも苦にならなくなるので大丈夫ですよ(‘◇’)ゞ

そんな、感じでちょこっとルアーの紹介をさせていただきましたー。

最後まで読んでくれてありがとうございました!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする